【読書】社会人としての基礎力を高めるためにおすすめしたい本5選

          f:id:JPBKCKSS:20210923132337p:plain

 

 今回は、仕事の基礎力を高めるために、おすすめしたい本を5冊紹介します。

考える技術・書く技術新版 問題解決力を伸ばすピラミッド原則 [ バーバラ・ミント ]

 ビジネス文書において読み手が自然に理解できる文章を書くための思考法と技術を知ることができる一冊です。

 構成をピラミッド構造で考え、それが伝わるストーリーで表現することで、常に論理の飛躍がないかを検証しつつも、内容の重複も防ぐことができるといった技術は、社会人だけでなく、学生にも役立ちます。

イシューからはじめよ 知的生産の「シンプルな本質」 [ 安宅和人 ]

 マッキンゼー出身の著者が、平均の10倍の生産性がある人達は何が違うのか、彼らが最短距離で課題設定、解決策を導き出す思考法を知ることができる一冊です。 

 短期間で結果を求められる、すべての知的労働者に役立ちます。

失敗の本質 日本軍の組織論的研究 (中公文庫) [ 戸部良一 ]

 非合理的思考、忖度、縦割り構造、年功序列、自己変革能力の無さなど、現在にも当てはまる日本型組織特有の弱点を知ることができる一冊です。

 日本軍が敗戦した原因から、なぜ失敗を積み重ねることに至ったかが追究されています。

新版 一回のお客を一生の顧客にする法 顧客満足度No.1ディーラーのノウハウ【電子書籍】[ カール・スウェル ]

 顧客満足度を高めるためのサービス、関係構築、仕組みづくりの参考になる1冊です。

 顧客エンゲージメントを高めたいと考えている、経営者から現場担当者まで役立ちます。

真実の瞬間 SASのサービス戦略はなぜ成功したか [ ヤン・カールソン ]

 こちらも顧客エンゲージメントを高めるために、参考になる1冊です。

 現場から顧客満足度を高めていく仕組みと経営者のビジョン設定と組織に浸透されることの重要さが書かれています。